2022/07/22 23:21


これは2021年9月から毎週メルマガ読者だけに店主タニガワヨシユキがポツリポツリと乱文を書き始めた内容を振り返る備忘録的投稿です。



“ ミラクル “


先日の日曜日は商品撮影でした。


普段お世話になっている撮影チームさんとは1ヶ月ほどかけて準備したり、都内在住ではないカメラマンさんにお願いしていることもあって、今回はタイミング的に無理があったため、映像関連でお世話になってきた別のカメラマンさんに無理を言って撮影して頂きました。


今回はイメージの擦り合わせなど緻密な下準備がほぼできずに、割とぶっつけ本番に近い状況でした。

撮影前日は快晴。明日も!と期待しましたが、朝からザーっと雨雨雨。そのカメラマンさんとの過去2回の撮影も空が本当に真っ暗なほどの悪天候で、今回もまたお天気とはいきませんでした。早朝一番に会うなり、また雨ですねとお互い苦笑いのスタート。

肝心の撮影はというと、、、撮影2日前に京都の蚤の市で見つけてきたお皿と、湯布院から運んできたテーブル、そして今回撮影した商品の色味が絶妙に調和してくれたおかげで、めちゃくちゃしっかり準備した撮影並みに、いやそれを超えるくらいに、撮るもの撮るもの全部が惚れ惚れするくらい良い撮影となりました。


まぐれです。あ、カメラマンさんの腕ではなく、いろんな備品をうまく揃えてスタイリングできた僕のお膳立てのことです。


撮影の最終コーナー。ほとんど僕とカメラマンさんの遊びというかセッションのような時間帯では、その場で本棚から本や写真集を取り出して、サクサクっと感覚に身を任せて商品と一緒にスタイリングして撮影したんですが、ゾーンに入ったというのはこういうことか!ってくらい、シャッター切ってもらうたびにウットリとろけては唸ってしまう。そんな素敵な写真が次々と生まれて本当に気持ちよい時間でした。


感覚がピタッとハマった時の気持ちよさったら最高ですね。こんなこと言ったら怒られそうですが、準備なんてしすぎないくらいの方が時には良いっててこともあるでしょうね。その代わり。。。再現性はありません。またできるかって言われると、、、それは厳しいかな。


今回は欲しいイメージを強く心に浮かべ、感覚を研ぎ澄まし、自分がこれまで心にストックしてきた膨大なファイルの中から最適で最良の1つに瞬時に辿りつけました。再現性はないですがミラクル起こしましたよ。


ただ今回のミラクルは、残念ながら僕のスタイリングセンスではなくって、ストックしてきたものたちそのものが持つ質の高さ、エネルギー、美しさ、その勝利かなぁと思いました。ササっと下準備なしで、今回みたいな感覚をアドリブでいつでも出せるようになりたいな。


それでも、脇道見つけては寄り道遠回りを繰り返してきた中で出会ったものや文化、カルチャーを引っ張りだして最高にミラクルな撮影ができた訳だから、そういう人生の歩き方もまんざら悪くない、そう言えるのかも。


人の心を動かし、輝き続けるプロダクトや音楽、カルチャーは、ネット社会がいくら発達したからと言って、そこに行きさえすれば誰もが必ず辿り着ける商品棚とは違います。だから一人一人の人生は当たり前に1点ものだし、それぞれの人生は奇妙で面白く興味深いんでしょうね。


どなたの人生もが肯定される世の中に、ジャズとようかんの活動が少しでも役立つといいなぁ。そんなことを考えながら、奇跡的に今回の撮影お膳立てがうまくやれた自分のことも時には褒めてあげようかな。そう思いました。


モタモタしたり、躓いたり、、、キレキレの "デキる集団" とは程遠いですが、信念だけは強く強く持って一歩ずつ前に進んで行こうと思います。


がんばります。
がんばりましょうね。

店主


↑ playbackはここまで。

先に言っておきますが、このあと訳わからない、しかもどこにも着地しないことを綴ってます。

「再現性」に「遠回り」そして「1点もの」。

うんうんうん。そうだね。そうだよね。

ジャズ羊羹を届けるって点では、同じクオリティの味、見た目が求められるわけで、そこで言うと再現性が必要。これは職人さんたちが2014年にジャズ羊羹がデビューして以来、死ぬほど腕を上げてくれたからクリアしてるはず。

でも、再現性"だけ" で終わってしまうと、それは量販ものに片足突っ込む話にもなりかねない。もちろんハイクオリティな量産品が正義な一面も時と場合には大いにありますから、それはそれで否定なんてしませんよ。よそ様のことではなくてジャズ羊羹がどうかって話だけ。

もちろん、と言うべきか、1点ものでありたいと願います。それは商品のスペックと言ったらいいのか、何がどれだけ入っててと数値化言語化できる部分ではなくって、ジャズ羊羹がその時 "もたらしたもの" という意味において。

ん〜、ここからが言語化できないまさに1点ものゾーンの話になってしまうけど、ジャズ羊羹を受け取った時に、受け取ったことで、それをきっかけとして、何かちょっと嬉しいなぁってことが起こるいいなぁと常々願っていて、そのためには自分達が普段どれだけ遠回りな人生を歩み、再現性とも効率性ともかけ離れた時間の過ごし方を厭わず、偶然の出会いに身を委ねながら生きているのかってことなのかなぁ。

ひと言、昔のメルマガを振り返ろうとしてら、この通りまた得意の迷子になってしまった。

でもね。この思考の時間こそが大切だと思っています。抽象的ってすごく人間が人間らしい部分だと思うので、「分かりやすい」を時に遠ざけ、なんというか〜その〜、みたいな実に曖昧な感覚をこそ大事に大事にしたいと思うのです。

ジャズ羊羹は、ずっとそんなこと考えてるおかしなお菓子なのかも知れませんね。

あぁ、遠回りにも程がありますね。帰って来れそうにないからこの辺にしときます。続きはまた今度。



【ミチカケ EVENT INFO】

▼ 個展
JULIO solo exhibition
"Strange fruits for michikake"
音楽を奏でる奇妙な果物たち
8/21(日)まで開催中。
https://www.kyoto-michikake.jp/blog/2022/07/15/120841

▼ 本のワークショップ
7/29(金)、30(土)
by book pick orchestra
本を通してつながる人、広がる世界。
https://www.kyoto-michikake.jp/blog/2022/07/03/163529

▼ ポートレートドローイング
7/30(土)、31(日)
by 扇谷一穂 (絵描き / 音楽家)
世界に1枚だけのポートレートドローイングを描いてもらいませんか?
https://www.kyoto-michikake.jp/blog/2022/07/03/190912

▼ ライブ
荒谷翔大 solo live
8/28(日)
yonawoのヴォーカリストが登場。
https://t.livepocket.jp/e/aratani_yonawo



【ミチカケ】

▼ お得なLINEスタンプカードの取得はこちら
https://liff.line.me/1654883656-XqwKRkd4?aid=657txkze&utm_source=LINE&utm_medium=Owner&utm_campaign=Share

▼クチコミにご協力下さい。
この春オープンしたばかりでまだまだ知られてないため、ミチカケにご来店頂いたことがある方は、気に入ったところ、良かったところなどクチコミを投稿頂けると励みになります。「★」だけでも嬉しいです。

クチコミはこちら → https://g.page/r/CRnv5Slm5YUeEAg/review

▼ ミチカケ インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/michikake_kyoto/

▼ミチカケHPはこちら
https://www.kyoto-michikake.jp/