2022/07/15 12:08



「Strange fruit」音楽を奏でる "奇妙な果物たち"



佐賀県在住の音楽を愛するイラストレーター JULIOさんとミチカケ店主が、まだ京都では雪の舞う2月頃から何度も何度も妄想を交換し、対話を重ねてきた展示を7/16(土) 〜 8/21(日)まで開催します。

楽器になった果物たちの原画や、その他JULIOさん節全開の愛おしくなるタッチで描かれたキュートなイラストたち。そのどれもが、目線を変えれば日常はもっと楽しさで溢れてるよというメッセージをそっと投げかけてくれてるように感じてなりません。

展示をご覧になった皆様が、心軽やかにミチカケをあとにして頂けますように。





「個展の開催にあたって」


年が明けて、まだ寒い朝に心が熱くなるメッセージがおりてきて、そこからミチカケ店主のタニガワさんとのたくさんの会話を重ねていき、初めてと言って良いほどのJAZZのトビラが開きリズムを目配せで合わせるように創り、描く。

同じモノを同じ想いで創り上げていくJAZZバンドみたいな感覚でたくさんのフルーツ達を奏でました。

絵をみていただく方々に音をお届けできることを願っていて見た目はモノクロですが、たくさんの心の色を楽しんで頂けたら幸いです。

JULIO


根っこに近づくほどに温かく。

絵は地上に顔を覗かせた花みたいなもの。ぼくらが目で見ることができるものはJULIOさんの作品のきっと一部。JULIOさんの作品の多くはシンプルで余白が多い。

だからこそ、描いてらっしゃらない “何か” を想像したくなりますね。流れていた時間、そこに寄り添ってきた音楽たち。

妄想しまくって楽しんでください。

ミチカケ店主 タニガワヨシユキ



▼ JULIOさんご本人による作品解説
https://www.kyoto-michikake.jp/blog/2022/07/28/183931



【概要】
JULIO solo exhibition「Strange fruit for michikake」
2022年7月16日(土) - 8月21日(日)
10:00 - 19:00
ミチカケ COFFEE ANCO MUSIC
京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺町476 TATビルディングB1F
(地下鉄・京都市役所前駅「ゼスト御池11番出口」より徒歩1分)